選ばれる薬局を目指して

これは納得☆薬カレンダーの選び方&使い方のコツを教えます!

めざせ!

服薬支援ツールのトータルケア

お薬束®の販売をしておりますが、ほかの服薬支援ツールもとても重要であり、使う方の状況に応じて変化し、組合わせも様々。

今後、お薬束®だけでなく、薬をのまれる方々の目線で、ツール全般のサポートができたらと考えています。

そこで、今回は薬カレンダーの選び方&使い方についてご紹介します。

服薬支援ツールの展示@りぼん薬局

来局された患者さんと、服薬についてお話しさせて頂いています。
薬をのまれる現場を見ていないので
様々な薬の飲み方や、管理の仕方、お困り事などが聞けて大変勉強になります。
今後も、皆さんのお役立ちできますよう、研究と習得をしていきたいと思っています。

 

うっかり忘れたり、飲み方が複雑で、整理したいと考えておられる方は多いのではないでしょうか?

そんな時に、薬に立つ便利なモノはないの?服薬管理・支援グッズには様々なツールがあります。

おおきくカレンダーなど壁掛けタイプ、箱型タイプ、引き出し収納タイプがあります。また、技術の進歩で、飲む時間を教えてくれたり、飲んだら知らせてくれるデジタル機能もあります。
今回は、どんな種類があるか簡単にまとめてみます。

1:どんな薬をのんでいるか?

飲み薬(内服薬)と、いっても色々あります。錠剤やカプセル、粉薬、水薬。。。。その中でも、定期的に飲まれる薬は、錠剤、カプセル、粉薬ではないでしょうか?そして、錠剤やカプセルの薬の量が多くてまとめてもらう“一包化”もあります。

皆さんがどんな薬をのんでいるかによって、カレンダーの使い方も少し違ってきますし、どんなカレンダーが自分に合うのかイメージがつくのではないでしょうか?

まずはご自分の薬はどんな薬をもらっているか確認しましょう

錠剤やカプセル(ヒート包装)
一般的な錠剤やカプセルを包装から取り出して飲むケース
*ヒートとは、メーカーが作った既存の包装とここでは定義します
粉薬(薬局で調剤)
薬局で調合してもらった粉薬
粉薬(ヒート包装)
漢方薬や胃薬などメーカーが作った包装に入った粉薬
一包化
カプセルや錠剤の数が多く、1回分をまとめて一つの薬包に入れてもらった薬
一包化
カプセルや錠剤の数が多く、1回分をまとめて一つの薬包に入れてもらった薬
2:誰が薬を扱うか?

薬をのむといっても、一連の動作があります。薬を用意する→薬を開ける→口に入れる
飲むというその日の動作にも、最低限この動作があります。更にその前に、薬をセッティングすると動作もあり、この動作が同じ人物とは限りません。ですので服薬支援ツールも、だれが使うかによっても変わります。また、ご本人が使用される場合でも、自立、補助、介助、支援によっても変わってきます。使われる方、本人の状態によっても変遷するものだと認識していただく方がいいのかもしれません。

薬を口に入れるまでの行動

薬をのむといっても、まず細かく分けると、①服用ごとの薬を用意する。朝なら、朝の分の薬を用意する②飲める状態にする。薬を包装から取り出し、口に入れられる状態にする。③口に入れる。まさしく自分で口に入れる場合と、飲ませてもらう場合があります。その行動をすべて自分でするのか?別々の人がされるのかによっても、弦は違ってきます。
3:どんなツールがあるか?

服薬支援ツールも様々

カレンダー・壁かけタイプ
一般的な服薬支援ツール。壁掛けタイプで、曜日と飲む時間に合わせたセッティングができます。いつ飲むのか、わかりやすく、飲み忘れも気づきやすいですね。ご本人さんも、介護の方にも重宝されています。
BOXタイプ
主にヒートの錠剤やカプセル
ヒートの錠剤や、カプセルを1回分ずつはさみに切ってまとめられるのがこのタイプです。1回分をまとめておくのに便利です。忙しい働き盛りの方や、旅行や出張など外泊される方がよくつかわれています。
週間BOXタイプ
一包化の薬や1回分をパックにまとめたものを1週間ずつのみ方に応じて、並べるBOX。卓上などに置いておくのに便利なタイプです。これなら、掛けていあるところまで行く必要はないですね。
週間BOXタイプ
一包化の薬や1回分をパックにまとめたものを1週間ずつのみ方に応じて、並べるBOX。卓上などに置いておくのに便利なタイプです。これなら、掛けていあるところまで行く必要はないですね。

カレンダーの使い方と選び方

1日4回飲まれる場合、1日分は上記のようになります。ここで、ポイントは「取りだしやすいか?」です。

よく、“マチ付き“のカレンダーがありますが、これは取り出しやすく余裕があるかです

マチ付きでゆったりしたタイプや、2重ポケットで整理できるタイプなど

マチ付き
マチがあると指が入って取り出しやすくなる。また、ポケットの劣化も防げる。
マチ付き&U字
マチ付きとプラス”フチがUの字になっていて、さらに取り出しやすくなっている。
2重ポケット
錠剤やカプセルと粉薬や一包化の薬を分けて入れられる。取り出しやすく、落としにくい。
2重ポケット(側面)
2重ポケットを側面から見た状況。粉薬や薬包を取り出す際、錠剤が引っ張られてこぼれるのを防げます。
2重ポケット(側面)
2重ポケットを側面から見た状況。粉薬や薬包を取り出す際、錠剤が引っ張られてこぼれるのを防げます。

ポケットの中をまとめられるタイプ

ポケットごと取り出せる
ここをクリックして表示したいテキストを入力してください。テキストは「右寄せ」「中央寄せ」「左寄せ」といった整列方向、「太字」「斜体」「下線」「取り消し線」、「文字サイズ」「文字色」「文字の背景色」など細かく編集することができます。
ポケットにチャック袋を入れるタイプ
ここをクリックして表示したいテキストを入力してください。テキストは「右寄せ」「中央寄せ」「左寄せ」といった整列方向、「太字」「斜体」「下線」「取り消し線」、「文字サイズ」「文字色」「文字の背景色」など細かく編集することができます。
ポケット取り出し&折り畳み式
ここをクリックして表示したいテキストを入力してください。テキストは「右寄せ」「中央寄せ」「左寄せ」といった整列方向、「太字」「斜体」「下線」「取り消し線」、「文字サイズ」「文字色」「文字の背景色」など細かく編集することができます。
ポケット取り出し&折り畳み式
ここをクリックして表示したいテキストを入力してください。テキストは「右寄せ」「中央寄せ」「左寄せ」といった整列方向、「太字」「斜体」「下線」「取り消し線」、「文字サイズ」「文字色」「文字の背景色」など細かく編集することができます。

ほかにも用途に応じた使い方

1週間ごとの訪問に便利
1週間分をチャック袋にまとめて入れられるので安心ですね。
外泊に便利
1日分を抜き取ることが可能なので、お泊り施設や旅行にも便利。
家事などの合間に便利
マグネット式で、安定感も抜群。冷蔵庫につけておくと、朝食時などバタバタしたときに、動きながら飲めて便利♪
外泊に便利
1日分を抜き取ることが可能なので、お泊り施設や旅行にも便利。

注意することは、大きく2点
①壊さない。特に、ポケットの扱いには注意。デリケートで壊れやすい材質もあります。
②落とさない。カレンダーが壁から落ちてしまうと、充填した薬剤がバラバラなってしまい、大変。

①カレンダーを安定化させる

壁に留める際、1点より2点で留める方が安定します

1点ずつ留めると、安定感がなくぐらつき、バラバラになる危険性が高くなります。2点で固定することにより、より安定化させましょう。
②留め具はしっかりしたものを選ぶ

  留めるピンはしっかり引っ掛けるフック。かつ壁にしっかり留まる斜め針がおすすめです

③ポケットは強く押し込まず、両手で

ポケットは一番負荷がかかりダメージを易く、修復が困難です。買い替えの一番の原因ですので、ゆっくり取るようにしましょう

④片手でなく、両手でポケットを抑えながらとる

片手でとることも、不安定さが増します。傾いたり、ポケットへの負荷も増しますので両手をお勧めします。

⑤カレンダーの下に物を置かない

カレンダーから取り出す際、ポケットから薬が落ちて、壁とモノの間に挟まれとれなくなることもあります。カレンダーの下には何も置かないほうがいいでしょう。やむを得ず置く場合は、壁と隙間を開けずにピッタリ収納しましょう。

 

~介護のステージに応じて服薬支援ツールも選べられたら~
「服薬支援ツールは一つに絞るのではなく、患者さんのステージに合わせて使い分ける。」と、介護関係者の方に教えて頂きました。自己管理のできるステージ、補助や介護の必要なステージに応じて選択肢が広くなれば。
大切なことは、患者さんや介護者の方に最適な服薬支援ツールを提供できることだと気づかされました。
最適な使用には、介護に関わる方の共通認識があればこそ。そのためには、ツールもケアプランに導入されたり、日常において介護担当者間の連絡ツールにもなれる存在を目指したいです。

お薬束®商品画面

ここで、お薬束®のご紹介!

3つのメリット

  • 約1か月分を切らずに束ねて使用
    くすりを落としたり、充填の手間が省ける
  • 置き場所も自由に選べる
    介護者の行動範囲、動線に置けるので介護作業がスムーズになる
  • 飲み忘れも気づきやすい
    日付の違いで飲み忘れが分りやすく、朝と夕で別の担当者でも確認がしやすい
  • 置き場所も自由に選べる
    介護者の行動範囲、動線に置けるので介護作業がスムーズになる

介護関係者からのお声

  • どこでも置けるので、利用者さんの好きなところ、または、介護者が使いやすい所に置けて便利
  • 飲み忘れも、「朝食後、夕食後」など用法二つ並べれば一目瞭然!介護者間のコミュニケーションにも便利です。
  • カレンダーやBOXよりセットが楽なので、安心です。
  • 独居の方ですが、ご自分で飲むようになられて助かっています。
  • 独居の方ですが、ご自分で飲むようになられて助かっています。
クレジットカード決済可能
お好きな商品を選んで購入ボタンをクリックください。
カートショップにつながります。

お薬束®サイトへ

PAGETOP
Copyright © 株式会社サンポーウェルズ All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.