Pocket
LINEで送る

【最新】マスクをつける目的

この記事をご覧くださり、ありがとうございます。

りぼん薬局野洲店(株式会社サンポーウェルズ)です!

マスクをつける目的について説明します。

 

 

 

マスクをつける目的

1)自分が咳やくしゃみをした時に”口から出るしぶき”が飛び散るのを防ぐ

2)相手のしぶきを吸い込むのを防ぐ

3)自分の手で口や鼻を直接触るのを防ぐ

つまり、

周りの方への配慮自分の身を守る目的でマスクを着用します。

※ポイント:顔とマスクの間に隙間をつくらないことです。

マスクの正しい付け方

お互いの感染防止のため、マスクは正しく付ける必要があります。

厚生労働省が推奨している”正しいマスクの正しい付け方”を紹介します。

手で直接口や鼻を1日何回触るの?

触っているつもりがなくても、口は1日4回、鼻は1日3回触っています。口や鼻の粘膜からウイルスや細菌が侵入するリスクがあります。しかし、マスクを付けることでこのリスクを軽減できます。

 

どのマスクが感染予防効果が高い?

インフルエンザウイルスの予防には不織布(ふしょくふ)製マスクが有効です

インフルエンザの感染は、一般的に飛沫感染・接触感染により起こります。
インフルエンザウイルスの大きさは0.1ミクロン程度ですが、咳やくしゃみに伴い出てくるインフルエンザウイルスは、水分に覆われ5ミクロン以上の大きさの飛沫として出てきますので、不織布製マスクが有効です。

*医師などの医療スタッフが気管挿管などの医療行為を行う際には、目の細かいN95マスクが使用されます。
ウイルスの侵入防止には気密性の高いマスク(N95など)が必要

マスクの種類と捕捉粒子
製品 捕捉粒子の大きさ 捕捉可能粒子
不織布製(市販製品の主流) 5ミクロン以上 飛沫
N95(医療用) 0.3ミクロン以上 飛沫核
ナノフィルター(市販されている) 0.03ミクロン以上 ウイルス

 

飛沫などの大きさ
インフルエンザウイルス粒子の大きさ(A、B、C型) 直径0.08~0.12ミクロン
ウイルスを含む気道からの飛沫 5ミクロン以上
ウイルスを含む気道からの飛沫核 0.3ミクロン以上

 

  • 1ミクロンは1mmの1000分の1、インフルエンザウイルスは約0.1ミクロン
  • 飛沫核物質:ウイルスを含む飛沫粒子が直径2ミクロン以下になると、空気中で水分が蒸発し、乾燥縮小した飛沫核になり、長時間空気中に浮遊し、これが吸入される(=空気感染)

鳥取県ページより引用 https://www.pref.tottori.lg.jp/39478.htm

りぼん薬局では薬の飲み忘れ防止商品を販売しております。

お薬束を購入するには

下記のサイト お薬束®のサイトから購入できます。

リンクはこちら

2個セット〔朝夕など)・・・1,070円〔税込み)

5個セット      ・・・2,650円(税込み)

 

Pocket
LINEで送る