Pocket
LINEで送る

【最新】肥満とがんの関係(国立がん研究センターの調査結果)

国立がん研究センターの調査結果により、がんの種類によっては、肥満によりリスクが高くなることが判明しました。

今回はその理由とリスクが高まるがんの種類について解説します。

りぼん薬局野洲店では、

あなたの疑問にお答えしますので、

是非 お立ち寄りください。

待ち時間短縮、感染症対策のリモート処方せん受付を開始しました。

りぼん薬局 野洲店へのリンク

ソーシャルディスタンスに配慮した待合室↓

部位別がんの死亡率

部位別のがん死亡率(1年間に人口10万人あたり何人死亡するか)

  • 2019年のがんの死亡率(粗死亡率)は男性366.0、女性245.7(人口10万人あたり)。
  • 多くの部位、特に、口腔・咽頭、食道、胃、肝臓、喉頭、肺、膀胱で男性が女性より死亡率が高い。
  • 甲状腺では女性が男性より死亡率が高い。
部位別がん死亡率(2019年) 男性 グラフ画像部位別がん死亡率(2019年) 女性 グラフ画像

がんで死亡する確率

がんで死亡する確率~累積死亡リスク(2019年データに基づく)

累積死亡リスクとは・・・ある年齢までにある病気で死亡するおおよその確率

生涯でがんで死亡する確率は、男性26.7%(4人に1人)、女性17.8%(6人に1人)。

部位 生涯がん死亡リスク(%) 何人に1人か
男性 女性 男性 女性
全がん 26.7% 17.8% 4人 6人
食道 1.1% 0.2% 90人 430人
3.4% 1.7% 29人 59人
結腸 2.1% 2.1% 47人 49人
直腸 1.2% 0.7% 86人 149人
大腸 3.3% 2.7% 30人 37人
肝臓 2.0% 1.0% 49人 102人
胆のう・胆管 1.2% 1.0% 86人 102人
膵臓 2.1% 2.1% 47人 48人
6.4% 2.5% 16人 40人
乳房(女性) 1.7% 59人
子宮 0.8% 128人
子宮頸部 0.3% 295人
子宮体部 0.3% 337人
卵巣 0.5% 184人
前立腺 1.6% 62人
甲状腺 0.1% 0.1% 1333人 707人
悪性リンパ腫 0.9% 0.6% 114人 155人
白血病 0.6% 0.4% 155人 258人

国立がん研究センターより引用 最新がん統計:[国立がん研究センター がん登録・統計] (ganjoho.jp)

 

肥満とがんの関係

内臓脂肪が増えるとアディポネクチンの分泌量が減少します。

アディポネクチンががん細胞の成長を抑える作用がありますので、肥満でアディポネクチンが減少すると、がん細胞は成長しやすくなります。

このような関係性でがんの種類によっては増加します。

 

肝臓がん

肥満になると肝臓にも脂肪が溜まります。この状態を脂肪肝といい、これがさらに進むと肝硬変となり肝臓がんになりやすくなります。

 

大腸がん

肥満によって高インスリン血症になると、がん細胞が増殖しやすくなります。このため大腸がんも増える傾向にあります。

肥満による大腸がんは男性に起きやすくなっています。

 

乳がん

閉経後BMIが高いと乳がんになりやすいです。

BMIが30以上の場合は閉経前でも乳がんになるリスクは高くなります。

BMIとは

体重(kg)を身長(m)の2二乗で割った値です。

日本では25以上が肥満とされています。

 

 

りぼん薬局では薬の飲み忘れ防止商品を販売しております。

お薬束を購入するには

下記のサイト お薬束®のサイトから購入できます。

リンクはこちら

2個セット〔朝夕など)・・・1,070円〔税込み)

5個セット      ・・・2,650円(税込み)

Pocket
LINEで送る