Pocket
LINEで送る

【最新】新型コロナ禍「マスク頭痛」への対策 薬剤師監修

新型コロナ禍において必須アイテムとなった「マスク」

このマスクが原因で「頭痛」になった患者様が増えています。

そこで「マスク頭痛」への対策を

リボン薬局 薬剤師が詳しく解説します。

 

りぼん薬局

あなたの疑問にお答えしますので、

是非 お立ち寄りください。

待ち時間短縮、感染症対策のリモート処方せん受付を開始しました。

りぼん薬局 野洲店へのリンク

ソーシャルディスタンスに配慮した待合室↓

マスク頭痛の原因

 

マスク頭痛はこのような原因で起きます。

① マスクを付けることで、マスク内の酸素が減少し二酸化炭素が増える。

酸欠状態になり、血管が広がり頭痛が起きます。

② マスクを付けることで蒸し暑くなり、片頭痛が起きます。

③ 長時間マスクをつけることで、耳へのストレスが溜り緊張型頭痛起きます。

 

マスクをしている間は、耳かけのゴムで両耳が固定されています。

すると、徐々にこめかみの筋肉(側頭筋:そくとうきん)に負荷がかかり、さらにあごの筋肉(咬筋:こうきん)にも負担が及び、最終的には頭蓋骨にくっついた胸鎖乳突筋(きょうさにゅうとつきん)という、首のほぼ中央にある大きな筋肉に強い負担がかかるようになります。

そのうえ、マスクをしていることで表情を気にしなくなり、表情筋も使わなくなりがちに。表情筋を使わないことによる凝りも、胸鎖乳突筋の負担になります。

こうして、いわゆる「スマホ首」と同様の強い首コリが引き起こされてしまい、それが原因で緊張型頭痛が起きてしまう。

 

マスク頭痛対策①

野外で周りの人との距離が2m以上確保できる場合は、一時的にマスクをはずすと対策になります。

マスク頭痛対策②

マスク内の暑さや蒸れにを防ぐために、冷感マスクを使用すると対策になります。

マスクのインナーをしようすると少し呼吸も楽な感じがします。

マスク頭痛対策③

頭の後ろでマスクを止めるマスクバンドを使用すると対策になります。

 

市販の鎮痛薬で頭痛は治まります。

しかし市販の鎮痛薬で効果がない時には、医療用薬を使用することを検討しましょう。

つらい症状症状が続く場合は、主治医又は薬剤師に相談してください。

 

人気ブログ記事はこちら

香りで脳の活性化の記事はこちら

りぼん薬局では薬の飲み忘れ防止商品を販売しております。

お薬束を購入するには

下記のサイト お薬束®のサイトから購入できます。

リンクはこちら

カラー3個セット      ・・・1,650円(税込み)

 

 

Pocket
LINEで送る